初めてみた京都駅は想像を超えた近未来的なかっこよさだった

初めて京都駅を見に行った。先月、京都に行ったときのことだ。折角だから京都駅を見ようと清水寺からバスで行ってきた。京都駅は古都のイメージからはかけはなれた、想像を超えた近未来的な駅だった。それはそれでギャップを感じてかっこよくて感動したので、写真を載せてゆく。

RICOH_GR_R0006815_2015-12-19_s

まずは外観。なんとなく新しい感じだ。

RICOH_GR_R0006822_2015-12-19_s

近くに寄ってみる。なにやら東京国際フォーラム的な奇抜さを感じる。

RICOH_GR_R0006838_2015-12-19_s

中に入ってみるとすごいことに。魚眼で撮ったら面白そうだ。

RICOH_GR_R0006842_2015-12-19_s

縦構図だとより斬新な感じに撮れる。

RICOH_GR_R0006830_2015-12-19_s

少し下から、f値を絞って建物をシャープにして、人々の動きをつけて撮ってみる。

RICOH_GR_R0006904_2015-12-19_s

時期的にクリスマスツリーが飾られてライトアップされていた。この場所が京都タワーと一緒に撮れてベストポジションだ。なかなかこのポジションに気づいている人はいないようだった。

そして駅の近くにあるヨドバシカメラ好きとしては気になる、ヨドバシカメラ京都駅にも寄った。

RICOH_GR_R0006790_2015-12-19_s

京都タワーとコラボ。なかなかおしゃれな感じで、上品でよい。

RICOH_GR_R0006803_2015-12-19_s

秋葉原や新宿のヨドバシカメラとは趣向が違った外観だ。

RICOH_GR_R0006798_2015-12-19_s

入り口はそれなりにヨドバシカメラだ。矢張りというかなんというか、内部に入ったらどことも変わらないヨドバシカメラではあった。やや残念であるが仕方ない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする