【出張】でもあわよくば写真撮影に挑むときの【持ち物リスト】

desktop_tikuma

来週から京都へ出張となるので荷物の用意に勤しんでいる。今回は今まで何度か出張をしてきて、必要と思ったものをメモして行きたい。旅に行く前の備忘録として書いておこう。

あくまで出張なので初日は主に車での移動に費やし、早く着いた場合は観光を許可されているという体である。出張は4~5日の予定だが、初日の半日ほどはなんとか撮影ができそうなので、それなりの準備をしておきたい。

といってもさすがにデジタル一眼レフを携えて行くのは些か大仰なので、いつもは専らGRで撮影に挑んでいる。今回は二度目の京都ということもあり余裕が出てきたので、趣向を変えてフィルムカメラも持って行きたいと思う。

まずはカメラ関連の持ち物リストである。

小型バックパック(カメラ用)

カメラ用として、散策するのに持てる軽いバックパックを選んだ。

カメラ(GR)+充電器+メモリ

やはりGRは偉大である。メモリは豪勢に64GBのSDカードを入れておけば2000枚以上は撮れるので問題ないだろう。故に予備メモリまでは用意しない。

カメラ(フィルムカメラ)+フィルム+小さい電池

CanonのAE-1を持って行く。少しは操作も慣れてきたので、この前みたいに巻き取り不足で未露光にならないように気をつけたい。フィルムは先日ヨドバシカメラで買った新しいものなのだぜ。

小型三脚

前回はゴリラポットを持って行って、京都駅のクリスマスツリーを撮った。これは少し重いので持って行くかどうかはよく検討したい。

スマホ+充電器+イヤホン

スマホはiPhone5を持って行く。これも歴としたカメラである。

スマホ予備バッテリー

二年以上使っているスマホには必需品である。主に地図を多用するのでバッテリーの減りは早いのだ。

大型カバン

主にカメラ用品以外の以下の品々を収納するために持って行く。

社用ノートパソコン+マウス+ACアダプター

大抵の旅館はWi-fiに対応しているが、無線にするのは面倒なのでデザリングも考えたい。ノートを持って行けば、iPadなどのタブレットまで持って行く必要はない。

社用ケータイ+充電器

社畜の必須アイテムである。

財布

なるべく嵩張らない折りたたみタイプがよい。

現金

お土産代、現地の交通費やタクシー代用くらいに少しあればよい。

免許証

車の運転もするので当然持って行く。

保険証

現地で怪我をしたり、突然、インフルエンザになる場合もあるので必需品。最悪コピーでも可。

クレジットカード+ETCカード

古風な観光地であると意外とクレジットカードが使えない場合もあるので気をつけたい。

キャッシュカード

できれば専用のじぶん銀行などにいつでも引き出せる現金を数万円程、入れておけばよいだろう。

折りたたみ傘

念のため、軽い物でよい。

ビニール袋

着替えを入れたりと何かと便利なので、何枚か所持しておく。

着替え+下着

下着以外は日数分より少し少なめでもよい。結構かさばるので少し丈夫な手提げ袋も用意する。

部屋着

ホテルではジャージでいたい。できれば外でもジャージがよい派なので、必需品。綿100%がよい。

メガネスペア

部屋メガネやPCメガネとしても使えるスペアとして。

筆記用具

無くてもよいが、社会人としては手帳くらいは持っておく。意外と紙は便利だ。

腕時計

無くてもよいが、ないと不安なので持っておく。

こんな物だろうか。細かな日用品は書いていない。因みに今回はDSは持って行かない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする