【初心者脱却】高級コンデジ(FUJIFILM X70 or RICOH GR)からステップアップしたい人へ

©富士フイルム株式会社

などというタイトルにしてはみたが正直、私はこのカメラを持ってもいないし、よくもしらない。…などと身もふたもないことを書いてしまうと話は終わってしまうので、少しネットでググってみたところ、どうやらスナップシューター(←街撮りメインで活躍できるカメラ)という位置づけであり、他のメーカーだとRICOH GRの対抗機種的な感じのようだ。

RICOH GRなら私も持っているのでよく知っている。ということで今回は現在、デジタル一眼ではないが、現在、FUJIFILM X70級の高級コンデジを所有しているがステップアップを考えている人向けに記事を書いてみる。極めて限定的な人を対象とした記事だがご容赦頂きたい。

※安易に購入してしまわないように敢えてリンクは貼っていない。

現在の不満点はなにか?

まずステップアップを考えているということは、現状のカメラに少なからず不満を抱いていることが考えられる。高級コンデジとデジタル一眼の違いは大まかに以下の3点だ。

センサーサイズの違い

シャッタースピードの違い

レンズ交換ができるかできないかの違い

まずセンサーサイズの違い。サイズはAPS-C(←フルサイズより少し小さい)かフルサイズかの違いと考えてよい。X70はAPS-Cなので、フルサイズを視野に入れなければ不満は出にくいと思う。手ぶれ補正がないとは云え、シャッタースピードの違いは1/4000が1/8000になったところで実用上、支障はそれほどなさそうだ。となるとレンズか交換できないというのが一番、大きな不満になりそうだ。X70は35mm換算で28mm相当の焦点距離となっている。これはGRと同じで、やや広角気味で風景を撮るにはよいが、アップが必要なポートレート的なものや、望遠レンズが必要な動き物には絶望的な焦点距離である。

レンズ交換可能なミラーレス一眼という選択肢

もし富士フィルムというメーカーにこだわりがあるのなら、X-Pro2やX-T2という選択肢がでてくるだろう。実売価格がボディのみでどちらも15万円程度はする。どちらもAPS-C機でありミラーレス一眼である。センサーサイズは変わらないがレンズが交換できるようになる。両者の違いは動き物に強いのがX-T2。ファインダーが電子ビューファインダー(EVF)だけでなく、光学ファインダー(OVF)にも切り替えられるのがX-Pro2である。どちらもXマウントのレンズが対応している。

※当然だがOVFは実際に撮れる絵とは若干、ずれるので注意。

フルサイズ機の検討

富士フィルムにこだわりがないのなら、他のメーカーではキヤノン、ニコン、ソニー、オリンパス、パナソニック等々多々あるが、例えばデジタル一眼レフのフルサイズ機にしたいとなるとやはりキヤノン、ニコン、ソニーあたりが無難だろうか。ボディのみで30万円以上はするので、予算オーバーであるならお手軽なAPS-C機のデジタル一眼レフへステップアップするのもいいかもしれないが、レンズの選択の幅は狭まるので気を付けたい。フルサイズ用のレンズをAPS-C機にも使用することはできるが、そうすると必然的にフルサイズ機にしたくなるという巧妙な罠が待っているので気を付けてほしい。

マイクロフォーサーズという小さい巨人

いっそのこと軽さを求めてセンサーサイズを小さくしてマイクロフォーサーズ(←APS-Cより少し小さい)のミラーレス一眼という選択肢もありかもしれない。メーカーの選択肢がオリンパスかパナソニックくらいしかなくなってしまうが、マイクロフォーサーズはレンズも軽いものが多く、比較的価格も安いものが多い。発売されたばかりで高額ではあるが、例えばボディをオリンパスのOM-D E-M1 Mark II(21万円)にレンズをM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO(14万円)という構成にすれば、マイクロフォーサーズは35mm換算で2倍となるためレンズ一本で24-200mmの焦点距離を得ることができるので、オールマイティに使えそうである。値下がりも早いので、グレードや型を落とせば価格は削減できるだろう。

最終的になにがしたいのか?

何が撮りたいかにもよってカメラの選択は変わってくるが、画質を最優先するなら最終的にはフルサイズ、もしくは現時点では現実的ではないが中判にしておけば間違いはないだろう。上記のオリンパスの構成でもフルサイズの画質に慣れていると物足りなく感じる。フルサイズ機であるなら当サイト的にはキヤノンを推したいので、EOS5D markⅣあたりであろうか。ただしあと四年後の東京オリンピックのころには8Kに余裕で対応した50MPや100MP級のカメラが標準的に出そろってきそうな感じはあるので、買うタイミングの見極めは本当に欲しい時でいいのか難しいところだ。

ということで特に買うことを煽ったりする記事でもないので、焦って購入する必要はないとは思うが、デジタル一眼レフなりミラーレス一眼を導入したとしても、X70やGR級の高級コンデジは有能なサブ機として活躍できると思うので、無駄にはならないだろう。あなたにとって良き相棒が見つかることを願っている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする