【全機材一覧表】現在使っているカメラ機材・レンズの紹介と今後の展望

EOS5Dmk3_2014_02_16_20165_66_67_68_69_70_71_tonemapped_edited-2

まずはじめに私のカメラ機材を紹介しておく。


カメラ本体

Canon EOS5D markⅢ(2013.5 / 300,000円-10%ポイント還元にて購入)

RICOH GR

Canon AE-1

EOS5Dをメインとして使い、GRをサブとして使っている。重量的な束縛から解放されるためにミラーレスカメラの導入も検討している。しかしGRと5Dの中間的な存在のミラーレスは数少なく、選定はなかなか難しい。一つの候補としてはFujifilmのX-T1の後継機が出たら検討したいところだ。フィルムカメラAE-1でもたまに撮るようになった。


交換レンズ

Canon EF50mm F1.2L USM(2017.5.6 / 141,550円にて購入)

Canon EF16-35mm F2.8L III USM(2016.12.4 / 245,000円にて購入)

Canon EF24-70mm F4L IS USM(2013.5 / 128,700円-10%ポイント還元にて購入)

Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM(2013.11 / 240,000円-11%ポイント還元にて購入)

Canon EF50mm F1.8 STM

Canon EF40mm F2.8 STM

Canon FD50mm F1.4

今後、導入して行きたいレンズはEF16-35mm F2.8L II USM(2016.12.4購入)の後継機とEF50mm F1.2L USMの後継機だ。将来的にはEF24-70の標準ズームはサブとして、EF16-35広角ズーム、EF50単焦点、70-200望遠ズームの三本態勢としたい。


カメラバッグ

DOMKE(ドンケ)のF-2(オリーブ)

DOMKE(ドンケ)のF-10(オリーブ)

Lowepro Fastpack100

Lowepro DSLR Video Pack 250AW

マンフロット MA ギアバックパックL CA(MB MA-BP-GPLCA)

マンフロット PL マルチプロ120 バックパック SKU MB PL-MTP-120

ショルダータイプのDOMKE F-2をほぼ常用している。軽さを重視すれば断然、マンフロットのバックパックであるが、レンズの交換を頻繁にする撮影ではやはりショルダータイプが圧倒的に便利だ。


ストラップ

CARRY SPEED 速写ストラップ FS-PRO

70-200mmの望遠レンズ用に購入したストラップ。楽にはなるが、ストラップ自体それなりな重量があるので、注意したい。


防湿庫

東洋リビング オートクリーンドライ ED-165CDB

レンズのことを考えればやはり防湿庫は必要である。レンズなどの資産は必ず増えることが予想されるので、置き場所が許す限りの大きめのものが望ましい。この大きさでもちょこちょこ収納してしまうとあっという間にいっぱいになってしまう。バックアップした写真のBDディスクの収納にもよいだろう。


三脚

ベルボン UT-63Q

とにかくコンパクトになる。自由雲台であるので好みが分かれるかもしれないが、ほぼこの一本で事足りる。ただし海の傍など強風が予想される場所には向いていない。


以上

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする