【EOS R】ミラーレスカメラに買いかえる?買いかえない?

考察・コラム

©Canon

だらだら思いついたままに書いてみる。

少し遡るがCanonもとうとうフルサイズのミラーレス一眼EOS Rを発売した。実機は持ったことがないが、重量はレンズを含めると重そうだという印象だ。個人的にはミラーレス唯一の(?)長所である軽さを失ったミラーレスにそもそも存在価値があるのかという印象を受けた。

ミラーレスの利点としては、ミラーショックとか気にしたことないけどそういうのがなくなったり、各種設定の自由度があったりとか、暗所オートフォーカスが優れてたりはしそう。一番の懸念事項であるファインダーだけど、有機ELのEVFの実際の見た感じは気にならなくはない。

私は現在、Canon EOS5D markⅢを使っている。有名な観光地に望遠レンズをつけると軽くはないカメラを背負って撮るというほどのモチベーションはなくなり、暫く写真を撮りたい熱(写熱)は冷めている。もう飽きてしまったのだろうかと思うくらい。そういう時はミラーレスに心が傾くこともある。でも態々遠くに行かなくても、時々、家のわんこを撮ったり、遊びに来た妹とその子供たちを撮っているとやっぱり写真は面白いなと思う。

 

次にカメラを買いかえるとしたら、おそらくミラーレスになっちゃうのかもしれないけど、しばらくはいいかなという感じだ。フルサイズミラーレスはSONYが一人勝ち状態であるというのもなんだか気に入らないし、SONYのミラーレス本体はいい気もするが、神レンズといわれるようなレンズを知らない。カールツァイスのレンズがオートフォーカスで使えるくらいの利点で、乗り換えようとも思わないのだ。もし買ったとしてもオールドレンズをつけたり、マウントでEFレンズつけたりとかしそう。

一方、フルサイズミラーレスのCanon EOS Rは初号機的な感じだから、まだまだ人柱が必要なくらいの実験的な領域な気もするから様子見。値段的にも重量的にも。逆に自分がどのくらいの性能のミラーレスが出たら買い替えるのかわからないな。今使っているEOS5D3に明確な不満があるわけじゃないし、重いって言っても、持てないわけじゃない、これくらいを重いとか言っていたらダメなんじゃないか説。

現在の愛機であるEOS5D3は使い始めて五年程経つ。せめて十年は使いたい。何より持っているレンズたちが全て自分にとって神レンズなので、一生このカメラとレンズでもいい気がしてきた。……という微妙に買い替えしそうなフラグを立てて記事を終わることとする。

 

コメント