(続)女子力の高い写真を撮りたい

EOS5Dmk3_2016_02_21_43652_genzo001

たとえ男であれ、女であれ、ふと

「女子力の高い写真を撮りたい!」

などと思うことがあるはずだ。私もそのひとりである。私の周りに非常に女子力の高い写真を撮る友人がいるが、写真を見せてもらう度に「(うわっ!やられた。。)女子力たけー」と思わずうなってしまう。そんなこんなで触発されて、以前から撮りたいと思うようになったわけだ。

今回は(続)となる。成長したかどうかは不明だ。女子力の高い写真とは、一概には定義できないが、できる限りローアングルから、露出過多気味な感じで、できればクロスプロセスっぽく撮るというのが私の偏見もといイメージである。つまりこんな感じだ。

EOS5Dmk3_2016_02_21_43725_genzo003

花などを適当にローアングルで、露出を上げてみるだけで、簡単に撮れるではないか。別に女子を馬鹿にしているわけではないので悪しからず。ただ私は生憎、男子なのでどうしても男子力が現れてしまうようだ。つまりこんな感じだ。

EOS5Dmk3_2016_02_21_43658_genzo

アイキャッチのフレーズを借りるならば

「男子力だけ 男って上手に 隠せない」

と云ったところだろうか。ピントがばっちり合ってしまい、露出も適正になってしまい、構図もそれなりにまとまってしまっている。一見するといいことずくめだが、女子力の高い写真は、そんな論理的な構成を超越しなくてはならないのだ!「男は言葉と繋がるが、女は宇宙と繋がっている」というのが私が尊敬する谷川俊太郎氏に以前、会ったときに聞いた言葉である。

EOS5Dmk3_2016_02_21_43867_genzo004

しかしこのようにピントや構図がそれなりでも、なんとなく女子力の高い写真は撮れるようだ。

EOS5Dmk3_2016_02_21_43914_genzo005

敢えて逆光で撮ってみる。女子力の高い写真を撮るためには、新しい領域にも進まなくてはならない。

EOS5Dmk3_2016_02_21_43918_genzo006

もう女子とか男子とか関係ない気がしてきたけど、諦めない。

EOS5Dmk3_2016_02_21_43928_genzo007

こういうのは女子力が高い写真に見えるが、男子も撮るものだろう。

EOS5Dmk3_2016_02_21_44022_genzo008

なんだかわからないけど好きだ。

EOS5Dmk3_2016_02_21_44037_genzo009

これはなかなか女子力が高いと自負している。

EOS5Dmk3_2016_02_21_44053_genzo010

力まずに、なんでもない感じの方が好いのかも知れない。

EOS5Dmk3_2016_02_21_44063_genzo011

よくわからなくなってきてハローキティの力にすがるという体たらく。

まだまだ修行が足りぬようだが、泣き言は申さない。女子力の高い写真はやはり、女子が撮るからこそなのかも知れない。それでも新しい方向性としては模索して行きたいものだ。

私が女子力が高い写真で思い出す写真家は、川内倫子氏である。露出過多な写真で賛否両論あるだろうが、組写真を超えたストーリー性のある写真構成も好ましい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする