【EOS80D正式発表】キヤノン各機種のAF性能についてのおさらい

80d

出典:キヤノン

本日、「EOS 80D」が正式に発表された。一番に期待している性能の向上は、なんといってもオートフォーカスである。私は元EOS60Dユーザーなので、どの程度進化しているのか気になる。そこでキヤノンの各機種のAF(オートフォーカス)性能の主に測距点についてをおさらいしたい。

EOS60D

9点(全点クロス測距)

EOS70D

オールクロス19点AFセンサー

全測距点でF5.6光束対応のクロス測距※1。中央F2.8対応・デュアルクロスセンサー配置※2。

EOS80D

オールクロス45点AFセンサー

最大45点クロス測距を実現。
狙った被写体を高精度・広範囲で捕捉。最大27点で開放値F8に対応。

こうしてみると、60D→70D→80Dと順調に測距点がアップしているのがわかる。

7D2と比べても遜色ないどころか、最大27点の開放値F8対応は、下克上宛らに凌駕している。ただしファームウェアのアップデートで向上する可能性は残っている(?)。

EOS7D MarkⅡ

オールクロス65点AFセンサー

最大65点クロス測距を実現。
狙った被写体を高精度・広範囲で捕捉。中央は開放F8に対応。

EOS7D

19点(全点クロス測距)

初代7Dはさすがに見劣りする。

EOS-1D X MarkⅡ

新61点レティクルAF

AF信頼性の極致を目指した、新開発の61点レティクルAF。

あまり縁のない高級プロフェッショナル機だが、オートフォーカス性能がどの程度なのかは気になるところだ。

EOS 5D MarkⅢ

61点高密度レティクルAF

被写体の捕捉力、構図の自由度を高めた新開発61点高密度レティクルAF。

現在、使用している5D3も61点である。オートフォーカスで不満に感じたことはないのだが、動きものをあまり撮らないからだけかも知れない。

EOS 6D

11点

中央:F5.6 光束対応のクロス測距
中央:F2.8 光束対応の縦線検出測距

戦略的モデル故に、こういう部分で性能が削られているようだ。

こうしてみるとやはり7D2の65点というのは圧倒的である。80Dがどの程度、肉薄してくるのか、またはある部分では凌駕してくるのかが気になるところだ。サブ機としては7D2は重量過多な感が否めないので、80Dをサブ機候補として考えたい。

※追記 EOS 80D関連のニュース、レビュー記事たち

価格.comのレビューである。実写も含まれている。

実写のサンプルが等倍で見られる。ムービーも見られる。

60D、70D、80Dの仕様が表で比較されている。

購入時期、最安のタイミングを推測されている。

70Dと80Dの細かい仕様が比較されている。

※以上、リンクは無断で貼っているので、不服の際は申し立て願う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする