今後のカメラ・レンズ購入方向性

EOS5Dmk3_2014_02_16_20225_26_27_28_29_30_31_tonemapped_edited-1

【カメラ】

キヤノン

最近、キヤノンのEOS7DmkⅡが少し欲しくなってきている。ただ5D3より高感度に弱いらしいというのが少し気がかりだ。常用ISO感度は高いはずなのになぜだろうか。購入したい動機としてはAF高性能の恩恵と、主に望遠時での焦点距離x1.6倍効果を狙ったものである。レンズ資産が活かせるのが最大の魅力。ただし望遠レンズは現在70-200mmしかないので、テレコンなしで400クラスのが欲しくなってきそうで怖い。

思い切って1DXmkⅡを買うという勇者の道もあるが、プロでもないのでさすがに躊躇する。フルサイズなので5D3との棲み分けが困難なのと、画素数が低めなのが魅力減なり。

富士フィルム

X-Pro2も気になる。本当はマイクロフォーサーズがよいがAPS-Cクラスのミドル機として導入したい。もともと富士フィルムのデジカメを使っていたので、色合いは好きだ。やや本体は重そうな感も否めないが、画質はよさそうだ。ただカメラ内でノイズを軽減させるための処理をしているらしく、線がマイルドになりすぎて、ややもするとボケて見えそうなのが味なのかも知れないが気がかりだ。X-T1の後継T2が出てから検討してもいいだろうか。

SONY

フルサイズになるがSONYのα7Ⅱもしくはα7RⅡが気になる。次に食指が動くクラスとしては、画素数5000万画素クラスのカメラが欲しいというのがあり、α7RⅡは4240万画素であるので生憎、要件は満たしていない。一方、キヤノン5DsRが5060万画素であるから満たしている。ただRとついているが、ローパスフィルターレスではなく、ローパスフィルター機能をカットしているという中途半端な状態なのが、純粋にローパスフィルターレスとどう違うのかが不明である。

EOS 5DⅣもおそらく5000万画素はおろか3000万画素に届かないだろうと推測される。1DXⅡの廉価版的な扱いになりそうな予感。ところでSONYの機種は世代交代が速すぎて、家電製品よろしく陳腐化するのが速いのが購入に至らない要因である。

その他

その他、中判カメラというのものに興味がわいてきている。

【レンズ】

キヤノン広角ズーム及び50mm単焦点

現在はEF16-35mm f2.8LⅢとEF50mm f1.2LⅡの登場を待っている身である。基本的にキヤノン純正信者である。現行のEF16-35mm f4Lでも十分性能かと思うが、現在使用しているEF24-70 f4Lと画角がかぶるところが多く、色の乗りは16-35の方がコッテリしていて好みではあるが、どうせなら大三元広角ズームを揃えてしまおうという魂胆である。

キヤノン35mm、24mm単焦点

また以前はEF35mm f1.4LⅡも欲しかったが、35mmを常用として使うのは、使いずらそうというのが正直なところ。それでも気になるレンズではある。EF35mm f1.4LⅠが安かったらそれでも良いかも。私は24mmを標準の画角として使うことが多いので、24mmの単焦点でもいい気がしてくることもある。

マクロレンズ、超広角レンズ、便利ズーム

マクロレンズも欲しいが、現状、EF24-70 f4L搭載のマクロさえ使いこなせてないので、EF100mm f2.8Lを買うのは時期尚早と考える。広角は先ほどの大三元リニューアル時に購入したいが、他にも魚眼、もしくはEF11-24mm f4Lも気になるが、高すぎて手が出せない状況。純正ではないがシグマの12-24mmがリニューアルするのを待ってもよい。

同時に気軽に撮れる便利ズームを探している。マップカメラの中古で見かけたEF28-135mm F3.5-5.6 IS USMというのが気になった。便利度でいえばタムロンの28-300mm VC PZD DI(A010E)にはかなわないだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする