【光学装置は電気自動車の夢を見るか?】東京オートサロン2016の車を撮る(広角レンズ編)

先日行ってきた東京オートサロン2016の写真である。30以上となったため金さん銀さんカー以外はギャラリー形式。写真は全てRAWで撮っているがサイズ以外は未加工のJPG現像である。

先日は『東京オートサロンをかたくなに望遠レンズ(CANON EF70-200mm F2.8L IS II USM)で撮ってみた』で望遠レンズ編を掲載したので、今回は広角レンズ編である。

さてタイトルは某SF小説ぽくしてみたが、電気自動車らしきものは見当たらず、時代に逆行したカスタムカーばかりではあったが、東京モーターショーとは真逆な路線でそれもまたよい。

個人的には電気自動車ではなく、水を燃料にして水素と酸素に分解し、水素によって走り、排気ガスは酸素のみという未来を希望する。

EOS5Dmk3_2016_01_17_43494_genzo_s EOS5Dmk3_2016_01_17_43503_genzo_s

個人的にはD.A.Dのコーナーがすごく好みであった。カスタムパーツもたくさんあった。なんとなくナンバープレートの装飾くらいならカスタムできそうかとも思ったが、やはり敷居は高そうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする