僕がCP+2019に向けて各メーカーの雑感と期待するところ

考察・コラム

タイトル通りつらつらと長々と書いてみる。そういえば去年も行ったけど、まったく記事にしてなかったので、去年の写真を交えて書いてみよう。

スポンサーリンク

キヤノン / Canon

去年フルサイズミラーレスEOS Rを発売し、今年は新しくEFレンズを発売しないようだ。これはつまり今後はRFレンズのみに注力していくという意思の表れなのだろう。

現状のキヤノンユーザーをいかにRFレンズではなく、フルサイズミラーレスに乗り換えさせるかが重要事項になりそうだ。そのためにも今後、さまざまな魅力的なマウントアダプターの開発にも力をいれることだろう。

しかしそもそもRFレンズを開発するために、フルサイズミラーレスを開発したような本末転倒な形で進んでいる印象を受けるので、なんとなくもやもやとする。

それにしてもRFレンズばかりが礼賛されて、肝心のボディは二の次的な状況を、もしかしたらキヤノン自身が望んでいたのかもしれないとさえ思ってしまうほどだ。

廉価版のEOS R kiss的位置付けな機種を発表しそうな気がするが、そもそもEOS R自体が廉価版な感じしかしないのだけど。いずれにしても5軸、5段以上のボディ内手振れ補正が内蔵されてからが本番な気がする。ダブルスロットとかは個人的にはプロが騒いでいるだけで、僕にはどうでもいい。

優等生的なRFレンズばかりが揃ってきてもなんだかつまらないなと思うのです。ボディ内手振補正でIS未搭載のEFレンズ含め、オールドレンズを使える的な道も切り開いて欲しいところだ。

リコー / Ricoh

リコーはGRのイメージしかないのだが、GRⅢの発売は地味に楽しみにしている。まあ買いかえるかどうかは別として、ボディ内手振れ補正が搭載されるのはすごそうだ。ペンタックスK-1とかの技術が流用されているのだろう。

また今のGRではあまり気になっていなかったがセンサーの超音波クリーニングも実装されるという。センサーサイズはAPS-Cのままだが、レンズが新設計で、小型化もされている。そしてマクロも寄れるようになったといいことづくめに思える。

僕はGRはサブ機として使っているだけなので、新設計のレンズの描写を見てから、判断しても遅くはなさそうだ。なんだ別に一眼いらないじゃん、と思わせてくれるかもしれない、唯一の希望のコンデジである。

富士フイルム / Fujifilm

富士フイルムの写りは個人的にすごく好きなので、ミラーレスに移行するなら富士フィルムにしようかとも考えている。正直なところもうフルフレームのミラーレスは当たり前すぎて、魅力を感じないというか、フルフレームの呪縛から抜け出さないといけないと思っている。

だって「ミラーレスにしました。フルサイズです」ってなんかつまらないよな。えっ、それならレフ機の方がいいんじゃない。なんでミラーレスにしたのか説明できないっていうか。まだまだミラーレスって生まれたばかりで未発達状態だと思うんだよね。瞳AFとか騒がれてるけど、それがどうしたんだろう、AFはついてるんだから自分で瞳にくらい合わせろよと。君が得意げに瞳AFで撮った写真、瞳に合ってないよ?みたいな状態とか、誰のせいにもできない状態が厭っていうか、そんな感じ。

もうフルフレームがいやなら、それはAPS-Cへ行くなり、中判に行くなりという形になるだろうけど。つまり何が言いたいかというと、中判ってなんかいいよなと思い始めているのです。GFX50SとかGFX50Rとか、一億200万画素だとかのボディ内手振れ補正内蔵したGFX100(S)だとかが無性に気になる。

でもそれぞれ70万円、50万円以上、GFX100はまだ公表されていないけど、多分1万ドルくらいだから、100万円オーバー。で、レンズも一本買えば安いのでも20万円くらいするし、とても無理だなと。

ということでX-pro3が今年末か来年始めに発表されたら考えようかなと、X-pro2みたいにバッテリー消耗激しすぎたら厭だけど、X-H1と同じようにボディ内手振れ補正搭載したX-pro3とか出たらいいなと思うのです。

X-H1 + XF35mmF1.4R



X-H1 + XF35mmF1.4R

シグマ / Sigma

去年のフォトキナだかで、Lマウントアライアンスだとかで今後、SAマウントは捨てて、ライカと同じLマウントで3社(協業・競業)することになったので、LマウントでのフルフレームFOVEONセンサー搭載のsd Quattro Fなんかを早く発表してほしいと思っている。

往年のDP1 MerrillのようなX3センサー信者が納得するようなセンサーを開発中と噂のX2センサーで実現できるかは不安しかないけど、Quattroセンサーよりは感度が高くはなるのかもだけど、そもそもFOVEONユーザーが、感度の高さを望んでいるかは疑問だ。話が飛ぶけど「飛びこめ!!新しい沼」早く読みたい。

僕は個人的にキヤノン純正レンズ信者なので、興味がないわけではないがシグマのレンズは「回り道沼」回避の為、買わないことにしているが、FOVEONだけは興味ある。

ただないと思うけどもしsd Quattro Fにボディ内手振れ補正なんかが搭載されて尚且つ、下記の様なピクセルシフトマルチ撮影的なことができたらFOVEONである意味は1ショットで撮れることくらいなのかな。それが重要だけどね。

・ピクセルシフトマルチ撮影

α7RIIIのピクセルシフトマルチ撮影を"試す" | THE MAP TIMES
日本最大級のカメラ総合サイト「マップカメラ」が提供する、情報ブログ「MapTimes」。最新機から歴代の名機まで専門スタッフがご紹介いたします。

・リアル・レゾリューション・システム

特長1 / PENTAX K-3 II / デジタルカメラ / 製品 | RICOH IMAGING
RICOH IMAGING デジタル一眼カメラ「K-3 II」製品ページ。特長やアクセサリー、仕様についてご紹介いたします。

・40Mハイレゾショット

高い描写性能 | OM-D | E-M5 Mark II | オリンパス
オリンパスの製品紹介のデジタル一眼カメラ:OLYMPUS OM-D E-M5 Mark IIのページです。

この三つは絶対に撮影ラグでるから言うならばなんちゃってFOVEONだな。でも富士フイルムのGFX100がハッセルブラッドみたいに6ショットモードみたいなの搭載したらすごそう。

あと素人考えではFOVEONの層構造による光の減少を利用して、1ショットで7枚くらいのブラケット抽出してHDR的な撮影ができるようになったら面白いなと思う。以前、CP+でsd Quattro H触ってきたときに、説明員の説明を誤解してそういうことができるんだと思い込んでいた時期があったので。

でもHDRなんてRAW撮影したガンマ値それぞれいじって合成してもできるし、HDRの基準って微妙だよね。だから1ショットで感度の違う写真を撮って、RAWでいじる的な小手先だけじゃないHDRじゃないと本物じゃない気がする。って何の話してたんだっけ。

ソニー / SONY

今年も最大規模のブース広さで展開されるだろうSONY。個人的にはソニーのテレビは好きだし、PS4も持っているし、ヘッドホンもSONYの使っているんだけど、カメラだけは使ってない。

カメラは性能はものすごそうだけど家電的フラジャイル感で信頼性が低く、なんとなくいろいろと脆そうで、デザインがあまり受け付けないのと、防塵・防滴などの性能が劣っている感じもするから。誰でも撮れるカメラって感じなのもなんとなくこだわりがない気がして厭。

僕は性能至上主義じゃないからね。誰が何と言おうと、あくまで自分が好いなと思ったものを使っていきたいなと思っているだけ。それは性能だけじゃなくて、出てくる絵とか味とかいろいろ含めてなんだ。SONYの絵作りが嫌いなわけじゃないけどね。幻想的でハイキーなポートレートには向いている気がするし、ボディ内手振れ補正利用していろいろなオールドレンズ楽しめそうなのも好印象。

でも連写性能とか動画性能とか、逆に高すぎて僕には使いこなせない気がする。おじさんはもう少しのんびり行きたいのですよ。4Kとかましてや8K動画なんか撮れなくてもいい、連写なんか記者会見じゃないからそんな使わないしね。

でもこのSONYが頑張っているおかげで、キヤノンもニコンもあぐらをかかずに頑張って競い合っていると思っているので、鞭役のメーカーだと思っている。なのでこれからもキヤノンの尻をひっぱたいてもらえるように陰ながら応援しているのです。

ILCE-9 + FE100-400mm F4.5-5.6GM

ILCE-9 + FE100-400mm F4.5-5.6GM

オリンパス / Olympus

マイクロフォーサーズなシャレオツイメージ。一時期本気でPENをサブ機に買おうか悩んでいたことがある。デザインはかなり好きな方なんだけど、マイクロフォーサーズはレンズが小さくてかわいいし、比較的安いから集めたくなってしまうという、マイクロフォーサーズレンズ沼が怖くて、近づけない。店頭のサンプル写真を見た感じでは、青の発色は得意だけど、緑は若干、苦手かなという印象を持っている。つまり青がかぶり、緑がつぶれる。緑が好きな僕には向いてないかもしれない。。


パナソニック / Panasonic

目玉はマイクロフォーサーズを捨てて(?)、いきなり登場感のあるフルフレームのミラーレス一丸LUMIX DC-S1、DC-S1Rだろうか。よくわからない規格のHDR撮影モードと、これまた手振れ補正でセンサーをずらすタイプのハイレゾショットができるみたいだが、もうあまりHDR撮影とか興味がないというか、なんとなく邪道な感じがしなくもない今日この頃。ハイレゾショットも結局、8回も撮影するとか、ブラケット撮影と同じタイムラグでると思うとどうなのだろう。買わないからどうでもいいけど。

唯一期待しているのは有機CMOSセンサーの開発かな。

有機薄膜を用いたCMOSイメージセンサによる、8K高解像度、高性能グローバルシャッタ撮像技術を開発 | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan
パナソニック株式会社は、8K画質を実現する、3600万画素の高解像度で、60fpsの高速フレームレート読み出し、かつ、45万電子の高飽和と、感度変調機能を有するグローバルシャッタ撮像が可能なCMOSイメージセンサ技術を開発しました。

ニコン / Nikon

フルサイズのZ6とかZ7出したくらいなイメージしかなかったんだけど、ニコン史上最高という開放F値0.95のNIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctはすごいなと思った。大きさもすごいけど。。キヤノンもRFレンズでf1.2とかじゃないで、f1.0くらいは出すべきでしょと思う。てか出してほしいンゴ。

開放F値0.95!新型ミラーレスマウントが可能にしたニコン史上ナンバー1の明るさ | CAPA CAMERA WEB
ニコンZマウントシステムを採用したフルサイズミラーレスカメラ「Z7」「Z6」とNIKKOR Zレンズを2018年8月23日に発表したニコン。Zマウント最高峰レンズとして、標準単焦点マニュアルフォーカスレンズ「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を開発していることも明かされた。NI...

タムロン / Tamron

サードパーティ製のレンズは買わない縛りな僕でも、RFレンズがあそこまで高額だと、タムロンにも期待してしまう。というかサードパーティの開発が、純正レンズの値段下げる効果もあると思うので、温かい目で見守ってあげたい。

ペンタックス / Pentax

地味に100周年を迎えてるので、頑張ってほしい。いまのところレフ機のみなのか。

ハッセルブラッド / Hasselblad

X1D中判ミラーレス。触れたら触ってみたいな。

中古市場

そういえば今日AE-1のモルトプレーン交換キット買ったので、自分で修理予定。

最近はライカが少し気になっている。買わないけどね。

てことで以上です。

コメント