正月で激混みの浅草をEOS5Dの7枚ブラケット撮影でHDR合成してみた

初詣は元旦に近所に行っていたのだが、おみくじがまだひけていなかったので、浅草は浅草寺へ行ってきた。案の定、激混みだった。まったく日本人というのは並ぶのが好きな種族である。とりあえず浅草寺の初詣の列からは外れておみくじを購った。並んでいる最中、前に並んでいるリア充らしきカップルの男が順番を待ちながら女にこう言っていた。

「凶というのは実は縁起がいいんだよ。箱になったところから芽(メ)が出るという風な意味があるんだ」

と、得意げに話していた。そして男の順番が回ってきた。心なしか小さくなり「大凶だった」とつぶやいていた。

落ち込むことはない。(おめでとう大いに芽が出るじゃないか)と私は心の中で精一杯に励ました。と、そんな私は末吉だった。つまり良くないということらしい。まったく中途半端なおみくじだ。

と、まあそんな話はどうでもいいが、以下、私の好きな加工方法であるEOS5Dの機能で+3+2+1 0 -1 -2 -3の露出で7枚ブラケット撮影をし、Photomatix ProにてHDR合成した写真だ。ゴーストは敢えて消さない。やや大きめであるがギャラリー機能を使いたいばかりに掲載してみる。

以上。全て手持ちで撮影。あまりHDRばかりだとくどいかもしれないが好きなのだから仕方ない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする